2008年11月11日火曜日

DVDでやってみよっかなあ…

最近、顧問先のお客さん以外に人と会わないし、これまでは受験講座の開講に合わせて散髪行ってたんやけど、その機会がなくなって…、アタマぼさぼさや…。
たぶん、みんな、街で会うてもわからん思うわあ。

ところが、あす昼から、京都府社労士会の主催で、「社労士制度40周年記念」の行事があって、京都の中でもグッとええホテルで祝賀式典がある。
夕方からは祝宴もあって、な、な、なんと!(昭和の香りするもっていき方…)会費、無料!!!タダかいなあ!何回も見直したがな。滅多とないぞ、これは!
ということで、はははっ、必修研修もここ何年出てない私ではありますが、ドあつかましくご相伴にあずかって参ります。
あ、というわけで、これから散髪行きます。

「基礎答練」の問い合わせ、日々ほんまにありがとう!
そんな中、通信教材のDVD化を希望する声がちょこちょこありまして。まあ、きょうび音声だけというのも勉強中の集中力を欠くのかなあと…。
そこで、三脚でビデオカメラを固定して、私の立ち姿を写すだけのことぐらいならできるかなあと検討しています。ホワイトボードをズームアップしたり、手元を写したりすることはできませんので、板書が発生したときはレジュメ対応となりますが。

でもなあ、延々、しゃべってるとこ見ててもなあ…。もっと寄よら見えへんがな、みたいな。
通信の経験者の方、このへん、どうなんやろ?

自分の講座運営の、しかも根本的なところを、ブログ読者や既に申し込んでいただいている方に問いかけるのもへんなんやけど、これがある意味、手作りの良さ。可能な限り、受講生の立場で講座を作りたいんです。
講義内容については、人に頼ることなく譲ることなく自分のポリシーを崩すことはしませんが、講座の受け方については、受ける人に近づくことが勉強の効率アップにつながるもんねえ。そやし、是非、意見聞かしてほしい、宜しくお願い致します。

もちろん、既に申込済みの方には、DVD実施となれば個別に希望をお尋ねします。それと、価格変更も、もちろんありません!

johnyさん、昭和40年生まれなら、うちのよめさんとも同い年です(関係ないけど…)。
まあなあ、一生懸命やった結果は結果やから。この1年、johnyさんは目いっぱいやらはったと思うで。それでも叶わんことはある。あるけど、願いはいつか必ず届くもの、あきらめたら、そんで終わりやもん。だいじょうぶ、チャンスは来るって!
mega-catさん、不合格報告ありがとね!来年はきっと違う報告になるで!がんばろっ!

ごめん、ここまで、散髪の予約時間迫ってます。いってきま~す。

【問題020の解答解説】
答 ①労働することができないために賃金を受けない日の第4日目

(法14条1項)休業補償給付は、賃金喪失が支給の絶対条件となっているため、事業主補償を含めた「賃金」の有無が問われる。したがって、正解は①。「②療養を始めた」、「③労務に服することができなくなった」は、賃金喪失が明らかでないから不適当。なお、③は、傷病手当金(健保法99条1項)において用いられている文言である。


山川靖樹の社労士予備校【基礎答練】はこちら
http://www.ab.auone-net.jp/~y.yasuki/sub2.html

【今日の問題】
問題021 傷病補償年金を受ける者には、同一の事由につき、原則として、 □□□ の支給は、行われない。
①療養補償給付及び休業補償給付
②障害補償給付及び介護補償給付

③休業補償給付及び障害補償給付

5 件のコメント:

masa さんのコメント...

先生 こんにちは。
DVD 大賛成です!!
大阪も南部なので、通えないんです。
音だけより、姿を拝見した方がモチベーションも上がりますしね。

non太朗 さんのコメント...

 こんばんわ。
昨晩、久しぶりにLECへ行ってきました。
 山川先生の本論編の1ヶ月半遅れで、受講していた平日の本論編でお世話になった、先生にご報告とお礼をと思ったのですが、今年は、神戸校のみで、梅田校では講義されてませんでした。神戸も近いので折があれば伺おうと思います。
 山川先生には、直接お会いしてお礼を申し上げる機会がなくてとても残念です。開講されたら、教室にお伺いできればうれしいです。

問題021の答えは、③出どうでしょ。

ショウコ さんのコメント...

先生こんばんわ。

通信教材は倍速で聴けるものが便利だったと思います。CDやDVDはかさばらないけど倍速で聴けないんですよね。カセットはかさばるけど倍速で聴けてすきでした。今時カセットは無いか…。MP3とかにいれれてで持ち運び可能な音声ファイルならかさばらないしパソコンで倍速できけるし通勤時にも復習できてさらに便利♪
…どうでしょう?

さんのコメント...

自分はDVDの方が、臨場感があって好きです。
PCでDVDを見る場合、倍速視聴出来たりしますし。
でも、隙間時間用にMP3プレーヤー等で持ち運びしたい方にとっては、音声講座の方が良いのかもしれませんね。。

住んでいる場所の都合上、先生の生講義を受講出来そうにないので、個人的には、DVDにしていただけると非常に有難いです。
masaさんのおっしゃるように、些細な事かもしれませんが、耳だけでなく、映像も入ってくれば、モチベーション上がりますから!

今回の問題は、③でお願いします。

ma1ma2ma3 さんのコメント...

是非DVDでお願いします。通信で2年間他校で学習、今回は山川先生のDVD実完で学習中です。音声だけだと自宅では学習時間を集中してとることができない。通勤時間とか細切れ利用には有効ですが…落ち着いてとはならない。
DVDの良さは、講師の熱意というかエネルギーが伝わること、他の講師のDVDも見ましたが山川先生からは特別強く熱いものを感じます。毎日1時間先生の講義を42インチの画面で見ています。テキストは買いましたが、レジュメは手に入らなかったので画面を停めて移しています。逆にプロジェクター無しでも先生の情熱は充分に伝わると思います。
CDは声のみなので関西弁で情熱的に講義を進められると…関東者はひくというか、冷静にテキストを読む解説者型講師向きだと思うのですが…。
如何でしょうか参考になりますでしょうか。